藤沢まゆ

夢の話ととびうおの絵

夢のはなし。昔は寝る間際にたくさんの声がうるさくて寝れない事とか、夢の中と気がついてそれをいい事に遊びまくったりしていた。
今でも夢が現実と重なる事や区別がつかないことがあるから、現実でおかしな事がおこると「あれ?夢だったか?」が口癖。人には笑われるけどこちらは至って真剣。

以前、うちの最寄り駅近くのお店で妹がデートをしたという話を聞いてそのお店に行くことにした。魚料理のちょっと高級感ある所。おいしかった。後日妹に行ってきたよ~!と話したら、妹はそもそもうちの駅に来たこともないしデートもしてないしお店にも行った事がなかった。夢だった。

スポンサーサイト
  1. 2016/01/29(金) 09:14:02|
  2. 染めの作品
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ